読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かに話したくなる、日光「ゆば」雑学

今日は大学の研修行事で日光に行ってきました。
今回は日光に行くたびに話すネタをブログに書いてみようと思います。

 

「ゆば」って漢字でどう書く?

日光の美味しいものといえば「ゆば」です!

豆乳の甘みと少しコリッとした食感がたまりませんよね!


私の大好物でして、日光に行くたびに食べています。
死ぬときはゆばに包まれて死にたい。

 

ところで、皆さんは日光の名物「ゆば」を漢字で正しく書けますか?

 

 

答えは、「湯葉

 

 

 

 

ではないんです!

正しくは「湯波」と書きます。

 

日光のゆばは「湯波」と書く!

「ゆば」は京都の名物としても知られています。こちらは湯の葉っぱ、「湯葉」と書きます。一般的にはこちらが多く使われていますよね。


しかし、日光の「ゆば」(は、湯の波、「湯波」と書きます。日光に行った際には「ゆば」のお店を観察してみてください。「湯葉」と書いているお店はないはずです。

 

 

「湯波」と「湯葉」には他にも違いが!

 この「湯波」と「湯葉」、字が違うだけでなく、作り方にも違いがあります。

日光湯波は湯葉を豆乳から引き上げる際に、出来た湯葉の中央に串を通して引き上げます。その為、湯波は折りたたまれて二重になります。

 

それに対し、京湯葉は、湯葉を豆乳から引き上げる際に、出来た湯葉の端の方に串を通してすくい上げます。その為、湯葉は1枚のまま引き上げられるのです。

 

そのため、微妙な違いではありますが、日光湯波と京湯葉では食感が違います。
日光と京都で「ゆば」を食べる際に少し気を付けて食べてみてください!

 

東京でお手軽にゆばを食べよう

ゆばの雑学を聞いて食べたくなった方もいると思います。しかし、ゆばって値段が高いイメージありますよね。そこで、お手軽にゆばが楽しめるお店を紹介します!京都 銀ゆば のランチです!

www.gin-yuba.com

京都、と書いてありますが全国にあるチェーン店で、多くがアパホテルに併設される形で営業しています。一部店舗ではランチタイムにゆばや豆腐を含む料理のランチバイキングを行っています!

お値段850円(池袋北口店) でかなりリーズナブルにゆばが好きなだけ食べられます!


バイキングを実施していない店舗でも比較的安くゆばが食べられるのでおすすめです。

 

ゆばや豆腐の好きな方は是非行ってみてください!