読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必死さが足りない

研究に対する必死さが足りないと常々思っています。

 

大学院生になって感じたのは、「大学院で何をするのか」という意識が欠けていたこと。

教職や就活のスケジュールの都合で大学院に行った方が良いという浅はかな考えで進学してしまったと今は思います。

 

だから当然モチベーションが上がらない訳で、研究に対する熱意は学部時代の頑張りを遥かに下回っています。研究は今までの学習の仕方からして本当に苦手で、余計にしんどく感じます。辞めて楽になりたいって考えることもあります。

 

今日も辞めたら楽になるのかって考えたけど、掴み欠けた未来をそんなことで諦めて良いのか、これを乗り越えた自分でなきゃ将来社会で通用しないのではないか。この壁を越えられなかったらずっと苦しいままなのではないか。

 

もっと必死になって足掻いて苦しんで粘って乗り越えなきゃいけない。逃げるのは簡単、言い訳するのも簡単だけど、期待してくれている周りの人のため、情けない自分に打ち勝つため、もう少し足掻いてみようと思います。