読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チケット転売問題は転売屋だけが悪いのか

自分の趣味にも大きく関わるチケット転売問題。

チケット転売防止を求める共同声明が発表されたことで改めて話題になっています。

www.tenbai-no.jp

当然、転売は許されない行為であり、厳しく処分できるような法改正は必要だと思います。でも、それだけで本当に状況が改善するのかと言われれば、僕は違うと思います。

転売行為自体に厳しい処分が下るようになったからといって、
どうしても参加したい人が参加できないという状況自体を改善しているわけではないからです。

 

この問題の最大の原因は圧倒的な需要に対して供給が追いついてないことです。

これは極論になりますが、公式で発売するチケットを欲しい人全員が定価で購入できれば、転売屋の利益は相当少なくなるはずなんです。

良席(例えばステージ最前列)のチケットを高値で売ったりとかはそれでは防げないけれども、そういう席は元々高い値段設定にしておくとか、ファンクラブ会員限定にするとか、直前まで座席がわからないよう引き換え制にするとか、工夫はできるのではないかと思います。


それから、チケットの発売の仕方にもかなり問題があるように思います。
ブルーレイディスクやCDを沢山買わないと当選しないようなやり方。
争奪戦を作り出して利益を生み出すこのやり方では、ブルーレイやCDを沢山買うよりも多少高くても転売で買ったほうが安くつく場合も生まれてきます。

目先の利益を優先した結果が転売屋を生み出しているのではないか?

チケットの転売屋のモラルの問題?
転売屋が蔓延る状況を放置している行政の問題?

この問題、本当に放置しているのは一体誰?

そう感じてしまう共同声明だと僕は思います。

 

 それから、転売屋の撲滅ってすごいビジネスチャンスだと思うんですよね。
共同声明を出した人たちがもっと協力してチケットの再販プラットフォームをつくり上げることができたら面白いんじゃないかと思います。


元手があったらやってみたいと思う次第。